目黒区の太陽光発電助成制度

目黒区では地球温暖化対策や省エネルギー設備の住民による取り入れを積極的に進めています。
その取り組みの一環として挙げられるのが、省エネルギー設備設置費用の助成です。
「目黒区住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費助成」という名の下、平成24年度は前期後期と分けて募集が行われました。
この助成制度の対象に入っているのが太陽光発電です。
近年、住宅用でもそのシステム設置費用が100万円~150万円と以前に比べると安価になってきました。
とはいえ、高額な設置費用なのでその導入をしない家庭も多くあります。
そこで、目黒区では設置費用の軽減を図り、多くの家庭に太陽光発電を取り入れてもらう狙いで助成制度を設けました。
多くの家庭でシステムの設置が行われれば家庭からの二酸化炭素の排出量が削減され、地球温暖化対策になります。
また、電力を使う人自らが発電を行うことで電力不足にも対応できます。
このようなメリットがあることから、今後さらに太陽光発電を導入する家庭は増えるでしょう。