府中市の環境と太陽光発電

府中市は東京都の中でも都内から少し離れて環境が良く住宅も多くあります。
このように人が住みやすい街を実現するために府中市では環境に配慮した取り組みを行っています。
その一つが、太陽光発電の普及活動です。
太陽光発電は、太陽の光を利用することで電力を発生させる発電方法です。
太陽の光は、無限に存在することから火力発電と異なり資源を消費することがありません。
また、発電時に二酸化炭素を排出しないので、地球温暖化防止にも役立ちます。
そこで、このように環境に優しい太陽光発電設備の普及を推進しているのです。
府中市では、市内にある個人宅において、その建物の屋根などに設備を設置する家庭が増えています。
これにかかる費用は100万円以上と高価な設置費用がかかります。
しかし、この発電方法で発生した電力は電力会社と受給契約を結ぶことで売却も可能となるので、設置費用の回収も見込めます。
また、発生した電力を貯めておくことで、夜間に使用すると、その分の電気代を節約できますし、停電時に電力の使用が可能なことから災害対策としても備えることができます。
このように、メリットがたくさんあるので、設備を設置する家庭は増えつつあります。
また、個人家庭だけでなく、市内の企業においてもその建物に設備を設置するところが増えてきています。
企業の場合だと、電気代の経費節減になりますし、周辺住民に対しても環境に配慮している企業だとアピールすることができるなどメリットがあります。
このように設備を導入するところが増えることで市内の環境は益々よくなっていくでしょう。