荒川区での太陽光発電について

荒川区では、区内の家庭において住宅用太陽光発電システムの設置や、屋上緑化の設備を設置するにあたって、エコ助成金という名のもと設置費用に対する補助金を支出しています。
この制度も目的は、地球レベルで問題となっている温暖化や、ヒートアイランド現象などの地球環境の悪化に対応するものです。

そこで、住民のエコ活動を支援するために補助金制度を設けています。
たとえば、住宅用太陽光発電システムの設置には、100万円を超える費用がかかってしまうため、その設置を迷う家庭も多くあります。
そこで、荒川区では、補助金制度を設けることで、その設置費用の負担を軽減して、太陽光発電システムの設置を促進しようという狙いがあります。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため、地球にやさしい発電方法であり、発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させないことから、地球温暖化の防止にも役立ちます。
この補助金制度を利用することで、多くの家庭が太陽光発電システムを導入しています。